トップページへ
社団法人東京環境保全協会当教会へのメール
女性部会 研修会 東日本大震災災害復旧支援隊 区民まつり
社団法人 東京環境保全協会 青年部会 マレーシア視察 東日本大震災災害復旧支援隊
当協会の概要
当協会の概要
事業内容
組織図
役員名簿
委員会体制
 ・特別委員会
 ・専門委員会
 ・部 会
協会のあゆみ
関連団体
当協会のスローガン
活動実績
第12回経営セミナー開催
“3S”活動
 ・安 全
 〈平成27年度 
   上半期事故発生分析状況

 〈省燃費運転の実技講習
 ・確 実
 〈マイナンバー制度への対応と対策〉
 ・奉 仕
 〈区民まつりへの参加〉
青年部会の活動実績
 ・東日本大震災被災地視察報告
 ・マイナンバー制度に関する勉強会
 ・先輩方のお話を聞く会
 ・海外研修 マレーシア視察
女性部会の活動実績
 ・第3回 女性部会研修会
 ・石坂産業(株)工場見学会
平成27年 8月〜12月の催し


車両紹介
 
会員名簿(会員一覧)
東京23区清掃事業請負業者
浄化槽清掃会社
会員名簿(23区別)
千代田区 ・港 区  ・江東区
品川区  ・目黒区  ・大田区
世田谷区 ・渋谷区  ・中野区
杉並区  ・豊島区  ・板橋区
練馬区  ・足立区  ・葛飾区
江戸川区
資源化処理施設一覧
ごみに関するお役立ち情報
ごみの排出に関するお役立ち情報
関連団体などのお役立ち情報

上記項目をクリックしますと、 各項目に移動します。

謹んで新春のご挨拶を申し上げます
 新年明けましておめでとうございます。
 会員の皆様方には、お健やかに初春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 さて、昨年も色々なことがありました。
 国際面では、エボラ出血熱に続き韓国で中東呼吸器症候群(マーズ)コロナウイルスへの感染により感染者数は182人( 死者32人を含む)となりました。また、CO2最大排出国の中国と第二位の米国が、国連気候変動枠組条約に基づき、2020年以降の新しい温暖化対策の枠組みに対応していくことに合意しました。特に衝撃が走ったことは、ドイツ経済の原動力であるフォルクスワーゲン社のディーゼル車排ガス不正操作により世界規模で1,100万台に問題が
あるとみられ経営を揺るがす事態に発展しました。またTPPが合意され農・水産物の輸入枠や関税率が削減されることになり、その影響が心配されます。フランスでは、1月に週刊誌「シャルリー・エブド」などが襲撃されて17人が犠牲になったことにつづき11月パリ同時多発テロにより多数の方が犠牲になり世界中がテロの脅威に震撼しました。
 一方国内では、一昨年の木曽御嶽山の噴火に続き、箱根山の火山活動活発化による火口周辺警戒警報が一時期噴火警戒レベル3になりました。また、9月の記録的な大雨により茨城県常総市などで死者七人、道路や河川など土木関係と農業関係などの被害額は約220億円となり大きな打撃を受けました。2020年東京オリンピック・パラリンピックでは、新国立競技場の建替えやエンブレム問題で国内世論が大きく揺れました。
 明るい話題としては、昨年三月北陸新幹線金沢— 長野間が延伸開業し東京— 金沢間が約2時間30分で結ばれて北陸への旅行が身近なものとなり、富山県と石川県の経済効果は約二百十二億円となることが試算されました。また、スポーツでは、日本ラグビーがラグビーW杯一次リーグB 組で南アフリカに大金星をあげ、世界を「史上最大の番狂わせ」と驚かせました。体操世界選手権2015男子団体戦では体操世界選手権37年ぶりの金メダル獲得と内村航平選手が前人未到の6連覇を達成しました。
 昨年も、内外ともに激動の1年間だったと思います。
 私達の業界につきましては、長年にわたり当協会の会長等の役員を歴任さ
れた宇田川名誉会長が1月に逝去され、改めてその偉大さに感銘を受けました。
 教育面では、公共事業を担う従事者の資質向上を図る教育機関として、平成 26年4月に設立した一般社団法人東環保研修センターが2年目を迎え、初任研修に加え運行管理者や安全管理者に実務研修を実施し、よりきめ細やかな安全対策を会員各社が取り組めるように努めてまいりました。
 交通事故防止面では、昨年度は「事故ゼロ・クレームゼロ」を協会目標に掲げ全社が一丸となって目標達成に向け従業員の意識改革やパトロールによる随時指導を実施しました。
 他方、平成26年度に引き続きデジタルタコグラフ・ドライブレコーダーのデータに基づき、ヒヤリハットの事例として社内研修に役立てるとともに、区民の苦情にも迅速・的確に対応できる体制を構築しました。
 また、地域とのふれあいを重視して、各区や清掃一組主催の区民祭りや環境フェア等に東環保のブース等を開設し毎年積極的に参加し、より一層区民との意思疎通を図ってまいりました。今年もこれらの事業には、引き続き協力していきます。
 青年部会活動としては、東京二十三区清掃一部事務組合清掃事業国際協力
室にご協力いただき初めて海外視察(マレーシア・クアラルンプール)を実施しました。その他新たな取組として、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、従業員のユニフォームの見直しを行っています。
 私たち協会を取り巻く環境は、東日本大震災や2020年東京オリンピック・パラリンピック開催にともなう建設工事増加により運転手・作業員の確保が厳しさを増してきており昨年以上に厳しい年になると想定しています。
 景気の行く先は相変わらず不透明ですが、私達業界の事業が永続的に確保されることを切に希望します。そのためにはいかなる環境の変化にも的確に対応し、安全・確実でより質の高いサービスを、常に提供できるような態勢を備えておくことが肝要であります。
 その上で、私達が永年にわたって培った経験を十分に活かすとともに、この困難な時期こそ全会員が一丸となって結束していくことがより一層求められます。
 今年こそは、真の景気回復を期待し、私達の業界にとっても実りある年になることを切に願うものであります。皆さん一緒に頑張ってこの激動の時期を乗り切っていきましょう。
 区長の皆様をはじめ、国会議員、都議会議員、区議会議員の諸先生方、関係官公庁の皆様方のご指導と会員各位のご協力をお願い申し上げますとともに、新しい年が会員並びに関係者の皆様にとって希望に満ちた幸多き年になりますよう心からお祈り申し上げ、私の年頭のご挨拶とさせていただきます。
 
表彰
会 員   従業員
環境大臣表彰 環境大臣表彰
白井  護 白井運輸 内藤 栄造 叶L和運輸
  中村 信一 太盛運輸
東京都知事表彰 白井 行廣 品川運輸
五十嵐 和代 第一輸送    
  △
Copyright(C)2004 TEPA. Allrights Reserved.